心理テクニック
  • 読むだけでかかる自己催眠
  • コア・トランスフォーメーションで癒やされる
  • NLPはパニック障害に使えるのか?
  • 森田療法で心を解放する
  •  

    読むだけでかかる自己催眠

    2012年11月3日 10:23 / カテゴリ:[ 心理テクニック ]
    0 Comment & Trackback

    ここ最近は催眠のネタが続いたのですが
    ついでにもう一つ、
    ちょっと風変わりな自己催眠の本を紹介したいと思います。

    それは、願いがかなうクイック自己催眠という本です。

    買ったのは、もう5、6年前ぐらい前になるので、
    知っている方もいると思います。

    内容は、暗示文を声に出して読むだけで催眠にかかるというものです。

    暗示文を覚える必要もなく
    催眠CDのように聞いている途中て眠ってしまうということもない、
    というのがこのテクニックの特徴です。

    本書で得られるもの

    ・催眠の知識、メカニズム。
    ・クイック自己催眠のやり方、注意点。
    ・クイック自己催眠用の暗示文集(35個)。
    ・オリジナルの暗示文の作り方

    クイック自己催眠のやり方

    改めて説明する必要がないのですが
    本当に暗示文を読むだけです。

    催眠の流れは
    催眠誘導⇒問題解決の暗示⇒解除
    と、よくある自己催眠と同じです。

    それをただ声に出して読むだけ。

    コツとしては、読むときに、大げさに感情を込めたり、声に抑揚を付けると、催眠にかかりやすいですね

    例えば、「眠たくなーる」なら
    催眠術士が言うように、それっぽく発音するのです。
    演じると言えば、分りやすいでしょう。

    あと、応用編として、
    暗示文を書くことでも催眠にかかるそうです。

    クイック自己催眠の効果

    目を開けて、読み上げるという性質上、
    強力な催眠はかからないようです。
    (深い催眠状態には入れないから)

    そのため、パニック障害がこの方法一発で治る
    ということは、まずないです。

    また、テクニックに不信感を抱くとかかりが悪いですね。

    Amazonでは効果があったという評価は多いです。
    一方で、少数ですがまったく効果なしとの反応も。

    本書の中で私が気になった暗示文。

    • ストレスを撃退する
    • 集中力を高める
    • もう飛行機を怖がらない
    • やる気が出てくる
    • 何事にも自信を持つ
    • 免疫力が高くなる、
    • 病気が早く治る

    やってみた感想

    やることは音読するだけなので、簡単です。

    しかし、催眠にかかったかと言われると微妙です。

    著者が言うには
    催眠にかかっていたとしても、気づかないことがある」そうです。

    つまり、成功したか失敗したかは自分で判断できない。
    でも、大丈夫。続けていれば効果は現れるよ!
    ということです。

    何だか、うまく言いくるめられているようにも感じますが、
    催眠や潜在意識を扱うテクニックにはよくある話なので、
    それを信じられる人は、うまくいくのではと思います。

    わたしは何回か試した後、面倒になってやめました。

    1回のセッションで約15分。
    最初はもの珍しくもあって、いろいろな暗示文を試してみたのですが、
    目に見えて良くなるわけでもなく…
    早い話が飽きてしまったのです。

    それに、毎回、15分も暗示文を音読するのは思っていたより苦痛でした。
    声を出すので、家族にばれないようにするのも大変でしたし。

    一人暮らしや、音読が好きな方には、いいのかも。

    悩み解決用の暗示文が35個もあるのは、お得でしたね。
    ただ、気になったのは、訳書というところです。

    訳書としては、自然な文章な方ですが、
    暗示文として唱えていると気になるところがありました。

    あと、オリジナルの暗示文の作りかたは勉強になりました。
    サンプルもあり、作成シートの質問に答えるだけなので
    分かりやすかたったですね。

    自分専用の暗示文をつくることができたら
    パニック障害による不安や恐怖を解消することも…
    自己催眠を勉強し始めて、いつも思うことです。

    ちなみに私はクイック自己催眠にそこまでの熱意がもてなかったので、
    この方法でのオリジナル暗示文は作っていません。(参考にしましたが)

    まとめ

    催眠は人によってかかりやすさが違いますが
    かかりやすい方法も違います。

    例えば、催眠CDで効果がある方は、聴覚でかかりやすいのでしょう。
    動きや一定のリズムに弱い方もいます。
    電車に乗ると眠くなる人がそうです。
    中には、激しい音と光でかかることもあります。
    (パチンコ中毒は、催眠にかかっているとも言われています)

    その中でクイック自己催眠は
    視覚と聴覚と発声によって催眠をかける方法です。
    当然のことながら、かかりやすい方もいると思います。

    しかし、逆に言うと合わない人もいます。

    それは催眠CDを聞いても効果がなかったというのと同じで、
    テクニックがどうこうではなく、
    催眠に対しての相性の問題なのではないかと思います。

    今まで、自己催眠をやってきたけど、どうもうまくいかない。
    そういう方は、音読の方法ならうまくいくかもしれません。

    また、失敗してきた催眠の本があるのなら
    この本で音読催眠の勉強をしてから、
    それらの暗示文を試すのも面白いと思います。

    特にオリジナルの暗示文を作ろうと思っている方には
    一冊もっていても損はないと思いますよ。

    参考書籍


    願いがかなうクイック自己催眠
    著:フォーブズ・R. ブレア

    コア・トランスフォーメーションで癒やされる

    2012年7月6日 10:14 / カテゴリ:[ 心理テクニック ]
    0 Comment & Trackback

    前回、NLPについて簡単に紹介しました。
    NLPにもパニック障害の克服に役に立つテクニックがあることを
    知ってもらいたかったのですが、興味をもって頂けたでしょうか。

    さて、そのNLPを基盤に開発されたテクニックに
    コア・トランスフォーメーションというものがあります。

    このコア・トランスフォーメーション、
    簡単に言うと嫌な自分を変えるテクニックです。
    → コア・トランスフォーメーションで癒やされる の続きを読む

    NLPはパニック障害に使えるのか?

    2012年7月3日 12:23 / カテゴリ:[ 心理テクニック ]
    0 Comment & Trackback

    NLPという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
    自己啓発本や心理療法の本を読んでいると、たまに目にします。
    特に海外の出版物に多いですね。

    NLPとは Neuro Linguisitic Programming の略で、
    日本語では「神経言語プログラム」と言われています。

    五感を使い、人の潜在意識をコンピューターのプログラムのように書き換える方法というと分かりやすいかもしれません。

    このNLPにはパニック障害に使えそうなテクニックがたくさんあります。
    → NLPはパニック障害に使えるのか? の続きを読む

    森田療法で心を解放する

    2011年12月8日 09:42 / カテゴリ:[ 心理テクニック ]
    0 Comment & Trackback

    森田療法という心理療法を知っているでしょうか。
    簡単に言うと神経症の治療法です。

    しかし、パニック障害の方にもとても役に立つので紹介します。
    → 森田療法で心を解放する の続きを読む

     
    管理人
    似顔絵
    管理人のKAZUです。

    パニック障害を克服した体験をいかして、効果がありそうな心理療法やテクニックを紹介しています。特に一人で行える方法にこだわって調べました。

    KAZUの詳しいプロフィールはこちら

    メールはこちら
    人気blogランキング
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
    にほんブログ村に参加中。
    応援よろしくです。
    [PR] 眠れない方に
    六角脳枕