体験談はうつる

2012年4月24日 10:19 / カテゴリ:[ アドバイス ]
0 Comment & Trackback

前回、知りすぎたばかりに痛い目にあった話をしました。
知らない方がいいこともあるという話です。

同じ理由で、私は
パニック障害者さんたちの体験談は読まないようにしています

パニック障害の書籍を読むと必ずと言っていいほど
患者さんの体験談が載っています。

詳しい症状、飲んだ薬、そして回復するまでの道のりです。

治った人の体験談ですから参考になると思うかもしれませんが
読むときには注意が必要です。

この手の話は自分も同じような体験をしているため
とても共感してしまいます。
「分かる、分かる!」と、いった感じで感情移入しやすいです。
特に発作や予期不安の辛さは、なった人にしか分かりません。

そして、一番問題なのは、
その中に自分にはない症状が書いてあったときです。

××をしたら発作が起きた。
△△になったとき急に□□になった。

健康な方なら「へぇ~」で終わる話も
私は「気をつけなければ」と警戒してしまいます

今まで大丈夫だったことでも
自分も××をしたら発作が起きるかもしれない
そう思ってしまうのです。

そして、いざ実際に自分が××をする場面に直面すると
必ずといっていいほどその体験談を思い出していました。
一瞬でも「もしかしたら…」と不安になったらアウトです。
あっという間に不安の連鎖に飲み込まれていました。

気にし過ぎだと言われる方もいるかもしれませんが
不安定な時期は、本当に体験談を読んだだけで、
その体験をもらっていました
風邪がうつるのと同じです。

そのため、私は早い段階で体験談をまったく読まないようにしました
特に症状に関することは、見ないようにしています。

不安の種はできるだけ作らないようにすることが大切です。
私のように体験談が後々、予期不安のきっかけになることもあるので
十分気をつけて下さいね。

タグ:

関連記事

管理人からのお知らせ

読んでいただき、ありがとうございます。

ただいま、ブログランキングに参加しています。
よろしければ、投票をお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
リンク先は、
にほんブログ村にあるメンタルヘルスブログの
パニック障害人気ランキング
です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://panic9.com/2012/04/24/taikennda/.html/trackback

コメントを投稿する




ここにコメントを記入してください。

管理人
似顔絵
管理人のKAZUです。

パニック障害を克服した体験をいかして、効果がありそうな心理療法やテクニックを紹介しています。特に一人で行える方法にこだわって調べました。

KAZUの詳しいプロフィールはこちら

メールはこちら
人気blogランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村に参加中。
応援よろしくです。
[PR] 眠れない方に
六角脳枕