知りすぎりて失敗

2012年4月22日 11:31 / カテゴリ:[ アドバイス ]
0 Comment & Trackback

パニック障害と自覚したき、
パニック障害に関する情報が自然と集まってきました。

テレビやインターネット、雑誌など
不思議なことに、こちらが意識していなくとも、
パニック障害に関係する話題が勝手に耳や目に入るのです

しかし、これらの情報は実は厄介で
何度か痛い目にあったことがあります。

例えば、普段ならまったく見ないNHKなのに
たまたまパニック障害に関する特番があると、
なぜか新聞欄で見つけたり、テレビのCMで耳にしたりします。

知ったからには見てしまいますよね。
そして、見ると今度は、その情報に振り回されてしまいます。

「パニック障害になったら○○を食べてはいけない!」
「食べると発作が起きやすくなる!」
と、偉いお医者さんが言えば、聞き流せません。
すぐに反応してしまいます。

特に不安定な時期は心も身体も敏感でしたから
簡単に刷り込まれてしまいました。
催眠状態のようなものです。

するとどういうことになったかというと、
今まで普通に○○を食べていたため、
あるとき、うっかりといつものように○○を食べてしまったのです。
そして、しばらくして
「あっ、そう言えば…」
とテレビの内容を思い出したのです。

その後は、もう大変で、不安が不安を呼んで……(>_<) 偉いお医者さんの話を知らなければ ○○を食べても大丈夫だったでしょう。(それまで平気でしたから) 例え発作が起きても、○○のせいにはしなかったです。 一度知ってしまうと、忘れるのはほとんど無理です。
それが、パニック発作に関すことならなおさらです。

知りたい気持ちも分かります。
しかし、知らない方がいいこともあると、私は思っています。
(知ったことを後悔したことが何度もありますので)

対処法としては、何を知って何を知らなくていいかをはっきりさせておくことです。
例えば、発作に関することはすべて遮断するとか。
何となくで調べたりするのはやめた方がいいですよ。

私のように
知りすぎたせいで身動きがとれなくなってしまわないように
気をつけて下さいね。

タグ:

関連記事

管理人からのお知らせ

読んでいただき、ありがとうございます。

ただいま、ブログランキングに参加しています。
よろしければ、投票をお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
リンク先は、
にほんブログ村にあるメンタルヘルスブログの
パニック障害人気ランキング
です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://panic9.com/2012/04/22/shirisug/.html/trackback

コメントを投稿する




ここにコメントを記入してください。

管理人
似顔絵
管理人のKAZUです。

パニック障害を克服した体験をいかして、効果がありそうな心理療法やテクニックを紹介しています。特に一人で行える方法にこだわって調べました。

KAZUの詳しいプロフィールはこちら

メールはこちら
人気blogランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村に参加中。
応援よろしくです。
[PR] 眠れない方に
六角脳枕