パニック障害に効くTFTのアルゴリズム

2011年12月18日 10:47 / カテゴリ:[ ツボを使った方法 ]
0 Comment & Trackback

TFTはEFTと違って、症状によって
ツボの位置や数、叩く順番が違うという話をしました。
(TFTの過去記事はこちら

それは、アルゴリズム(手順)という言葉で表現されていますが、
その手順がTFTでは重要になってきます。

アルゴリズムは、まるで料理のレシピようで、
恐怖症には恐怖症用のTFTツボ叩きレシピがあり、
パニック発作には発作用のレシピがあります。

さて、肝心のパニック障害に効果がありそうなアルゴリズム
(ツボの場所と叩く順番)ですが、

今回はそれが分かる無料サイトを紹介しようと思います。
試してみたい方はそちらを参考にしてみて下さい。

日本TFT協会
「ストレスケアの一例」の中で紹介されています。
シンプル・アルゴリズム。
(悲しいとき、つらいとき、不安なとき、怒り、罪悪感、恐怖、不安の解消)

図解入りでツボの位置も詳しく説明されており、TFTのやり方が一通り分かると思います。動画もアップされていましたので参考にして下さい。

TFTセンター・ジャパン
ストレスケアの基本手順として紹介されています。
図解入りの説明で見やすいです。
複雑なトラウマのアルゴリズム

ツボ探検隊
「TFT治療法の基本的な手順」として紹介されています。
ちょっと見にくく、何のアルゴリズムかは不明。

こころ工房
「TFT療法(思考場療法)はこのように行います」の中で紹介されています。
パニック発作用のアルゴリズム。基本形です。

産後パニック障害に負けない☆ ワーママ奮闘記
「ツボ療法(TFT療法)」の記事中に
「・予期不安を取りたい時」と「・トラウマを癒したい時」で
紹介されています。
予期不安とトラウマのアルゴリズム

もし、これらのアルゴリズムを試して効果なくてもがっかりしないで下さい。
ロジャー・J. キャラハン著のTFT(思考場)療法入門では、
同じ症状であってもアルゴリズムは複数あることがあります
例えば、不安、パニック発作のアルゴリズムは基本形が一つあって、
さらに複雑な不安、発作用として5パターンがありました。

つまり、パニック発作のためのアルゴリズムは6つあるということです。
それだけあると、一つぐらい当たりがあるかも!という期待がもてますよ。

参考図書


TFT(思考場)療法入門
―タッピングで不安、うつ、恐怖症を取り除く

著:ロジャー・J. キャラハン

タグ:
,

関連記事

管理人からのお知らせ

読んでいただき、ありがとうございます。

ただいま、ブログランキングに参加しています。
よろしければ、投票をお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
リンク先は、
にほんブログ村にあるメンタルヘルスブログの
パニック障害人気ランキング
です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://panic9.com/2011/12/18/tft-algorithm/.html/trackback

コメントを投稿する




ここにコメントを記入してください。

管理人
似顔絵
管理人のKAZUです。

パニック障害を克服した体験をいかして、効果がありそうな心理療法やテクニックを紹介しています。特に一人で行える方法にこだわって調べました。

KAZUの詳しいプロフィールはこちら

メールはこちら
人気blogランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村に参加中。
応援よろしくです。
[PR] 眠れない方に
六角脳枕