毎日唱えてみる

2011年12月9日 12:54 / カテゴリ:[ ゆっくり癒やす方法 ]
0 Comment & Trackback

自己改革や自己啓発の本を読んでいると、
中には願望やプラスの言葉を繰り返し唱えよう
という内容のものがあります。

1冊や2冊なら読み流すのですが、けっこう目にします。
と、いうことは効果があるということなのでしょう。

それならばということで、
この唱える方法がパニック障害に役立てないか調べてみました。

とにかく毎日、同じことをつぶやく。
それは暗示のように浸透して、無意識下にインプットされる。
そうすると、現実への道が開かれるというシステムです。

素人には意味が分からないお経も、
毎日365日、2年、3年、10年、20年と年月を重ねると
それは力になります。
意味は分からなくてもいいそうです。
唱えるときに、例えば先祖を敬う気持ちや感謝する気持ち、
そういった心が現実に反映されていきます。

しかし、せっかくつぶやくのなら意味のある言葉がいいですよね。
例えば、不安をなくしたい!発作よ、なくなれ!
……
……
これは、やめた方がいいです。

なぜなら、「なくなれ」ということは、今は「ある」ということです。
「不安なくなれ、なくなれ」と言うほどに「不安がある、ある」と
今の現状を毎回確認して強化させているのです。

拒絶すればするほど引き寄せられる。
嫌いな人ほど忘れないのは、このせいですね。

発作や予期不安のことを思うのが癖になっていませんか?
思えば思うほど、それは、悪い方向へと自分へ導いていますよ。

それでは、なんと唱えればいいのでしょう。
下手な言葉は悪化させるし…。

私は元気だ。運がいい。絶好調。毎日が楽しい。幸せだ。…
色々と試してみましたが、なかなかこれはというのが見つかりませんでした。
何だか嘘をついているようで、気持ちがのらないのです。

そんな中で私が選んだ言葉は、
ありがとうございます」です。
感謝の言葉です。

不安になってもありがとうございます。発作になってもありがとうございます。
ありがとうございますと言うと、自然と感謝の意味を探してくれます。
唱えていると本当に感謝できるようになります。

そして、感謝すれば癒やされます
それが自分の言葉ででもです。

それほど、ありがとうございますという言葉には力があります。

言葉が決まれば、あとは唱えるだけです。
やるなら徹底して、毎日朝昼晩と千回ずつ、計3千回ほど繰り返し唱えましょう。
時間がある方は毎日5千回、1万回と唱えましょう。

毎日、毎日、繰り返し頭を空っぽにして唱えてみて下さい。
そのうち感謝の言葉が癖になります。
自然と「ありがとうございます」と口から出てきます。
そうすると少しずつ世界が変わっていきますよ。
予期不安も感謝されて嫌な気はしません。
拒絶されなくなれば解放されていきます

もちろん、感謝以外の言葉でもいいです。
自分の心に響く言葉があれば、それを唱えて下さい。
そして、それを続けて下さい。自分の言葉にして下さい。
自分の言葉になったとき、何かが変わっているはずです。

関連記事

管理人からのお知らせ

読んでいただき、ありがとうございます。

ただいま、ブログランキングに参加しています。
よろしければ、投票をお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
リンク先は、
にほんブログ村にあるメンタルヘルスブログの
パニック障害人気ランキング
です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://panic9.com/2011/12/09/tonaeru/.html/trackback

コメントを投稿する




ここにコメントを記入してください。

管理人
似顔絵
管理人のKAZUです。

パニック障害を克服した体験をいかして、効果がありそうな心理療法やテクニックを紹介しています。特に一人で行える方法にこだわって調べました。

KAZUの詳しいプロフィールはこちら

メールはこちら
人気blogランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村に参加中。
応援よろしくです。
[PR] 眠れない方に
六角脳枕