本に没頭して不安から逃れる

2011年12月3日 11:24 / カテゴリ:[ 予期不安を抑える方法 ]
0 Comment & Trackback

予期不安から発作が起きそうになるときは
そのことで頭がいっぱいになりますよね。

本当に死にそうな恐怖ですから
回避しようと必死です。

必死になればなるほど不安が増すのですから
逆効果なんですけどね。

予期不安から抜けるには、
発作のことを考えないようにするのが一番いいのですが、
はっきり言って無理です。
絶対に考えてしまいます。

考えないと意識することが、すでに考えているのですから。

では、いったいどうしたらいいのでしょう。

私の経験からすると
何かに没頭すればいいのです。

発作のことを考える余地のないぐらいに
別のことに集中するのです。

そこで試して欲しいのが、
予期不安中に本を読むことです。

具体的にどうするかというと、
本を常にポケットやバックに入れておきます。
電子書籍でもOKですが、
そのときは、すぐに読めるようにスタンバイしておきましょう。

そして、発作が起きそうな状況になったら
すぐに本を取りだして、とにかく読むのです。

恐怖でパニックになりそうになっても
我慢して本を読み進めて下さい。

物語に夢中になれたら本の勝ちです。
5分も読めば、恐らく発作の恐怖は消滅しているはずです。
しかし、つまらない内容なら発作が勝つこともあります。

そのようなことにならないように
難しい本より、お気に入りの漫画や小説がいいでしょう。
楽しみにしていた新刊だったらなおいいです。

短時間でいかに没頭できるかどうかが、
このテクニックの肝です。

この気のそらし方は別に本である必要はありません。
ゲームが好きな方は、携帯ゲーム機を持ち歩き
短時間で没頭できるようなゲームソフトを用意しておきましょう。

また、映画が好きな方は、携帯できる動画再生プレイヤーを用意して
大好きな映画やアニメを見れるように準備しておけばいいです。

最近では、携帯端末の普及により
本やゲーム、動画を手軽に持ち運ぶことができます。

ただ、この方法はいつでもどこでもできるわけではありません。
いきなり本を読んだりゲームをしたりするのですから。
プライベートな時ぐらいにしか使えないでしょうね。

このテクニックのいい点は
発作を抑えることができるだけでなく
恐怖のイメージを楽しいイメージに上書きできるところです。

予期不安が起こる条件はだいたい決まっています。

この没頭する方法で恐怖の回路を遮断し、
楽しい回路につなぎ変えることができれば、
予期不安の条件は解消されていきます。

発作の恐怖でビクビクしていたのが、
漫画の続きが読める!
と楽しみになれば、
恐怖におびえることもなくなりますよ。

関連記事

管理人からのお知らせ

読んでいただき、ありがとうございます。

ただいま、ブログランキングに参加しています。
よろしければ、投票をお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
リンク先は、
にほんブログ村にあるメンタルヘルスブログの
パニック障害人気ランキング
です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://panic9.com/2011/12/03/concentration/.html/trackback

コメントを投稿する




ここにコメントを記入してください。

管理人
似顔絵
管理人のKAZUです。

パニック障害を克服した体験をいかして、効果がありそうな心理療法やテクニックを紹介しています。特に一人で行える方法にこだわって調べました。

KAZUの詳しいプロフィールはこちら

メールはこちら
人気blogランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村に参加中。
応援よろしくです。
[PR] 眠れない方に
六角脳枕